Japanese Language Test JLPT 2000 Question Sheet 1kyuu Dokkai Bunpou 2

Japanese Language Test JLPT 2000 Question Sheet 1kyuu Dokkai Bunpou 2

問題用紙

2000 1級

読解・文法

 

 

(200点90分)

問題II次の (1)から (4)の文章を読んで、それぞれの問いに対する答えとして最も適当なものを1·2·3·4から一つ選びなさい

 

(1)年齢というのは、相手を理解する上での①重要なキーワードだと、わたしは思っている。

同じく、自分を理解してもらう上での重要なキーワードでもある。

 

「同じ世代だったんですね。じゃあ、あれ、ご存じでしょ~」

ということもあれば、

「へえ、十歳違うと、やっぱり考え方が異なってくるものですねえ」

ということもあるだろう。

それにわたしは、②自分の年齢を恥じたりしていない。若くして亡くなる人もいるというのに、わたしはいま現在で半世紀もの年月を生きることができた。いやなこともいいこともいっぱいあったが、そのどれもが、かけがえのない(注1)わたしの人生、一年たりとも否定したりごまかしたりしたくはない。

 

しかし、かなりの文化人ではあっても、女性の中には年齢を公にしたがらない方がけっこういらっしゃるようだ。あるシンポジウム(注2)に参加した時、パンフレットのパネラー(注3) 紹介で、わたしのところだけ年齢がなかった。他のパネラーは男性で、全員、ちゃんと年齢が記されている。どうしてでしょうと問い合わせると、③女性の方は年齢を入れないでほしいとおっしゃる方が多いので、と言われた。つまり、勝手に気遣(注4)って、わたしだけ年齢を伏せて(注5)くださったとうわけだ。よけいなお世話である。ひとこと、どうしますかと尋ねてほしかったのにと、④かえって腹がたった

 

(山崎洋子「隼齢は堂々と1コにしよう」「笑顔』1999年2月号  保健同人社による)

 

(注1)かけがえのない:他に代えられない、大切な

(注2)シンポジウム:ある問題についての意見や研究結果の発表会

(注3)パネラー:シンポジウムなどの講師·発言者

(注4)気遣う:相手のためを思って、いろいろ配慮する

(注5)伏せる:人に知られないようにする。知らせない

Continue Reading →

Japanese Minna no Nihongo Answer Sheet Chapter 18 Section B Part 3 Page 149

Japanese Minna no Nihongo Answer Sheet Chapter 18 Section B Part 3 Page 149

This article is written to answer on how to solve the problem exist in Japanese language grammar pattern to resolve the problem exist in Minna no Nihongo 1 book chapter 18 Section B Part 2 in page 149. It is about expressing the ability of doing something which is described by asking it in form of interrogative sentence and then answer it either in positive or negative tone. The Japanese langauge grammar pattern used for answering using this kind of pattern is ‘ga dekiru’. It is expressing the ability of someone for doing something. Below is the pattern and also the example for doing it :

Pattern :

Kanji : 主語「名詞」 名詞 できます
Hiragana : しゅご「めいし」 めいし できます
Romaji : shugo「meishi」 wa meishi ga dekimasu
Meaning : subject 「noun」 particle wa noun particle ga able to…

 

This is an example      for using the above Japanese language grammar pattern :

Kanji       :

大使館に 外国人登録をすることが できますか。

。。。はい、できます。

。。。いいえ、できません。

Hiragana    :

たいしかんに がいこくじんとうろくすることができますか。

。。。はい、できます。

。。。いいえ、できません。

Romaji            :

Taishikan ni gaikokkujin touroku suru koto ga dekimasuka。

。。。Hai、dekimasu。

。。。Iie、dekimasen。

 

 

Meaning     :

Can (I) do (take) on registration for foreign people at the embassy ?。

。。。Yes、you can。

。。。No、you cannot。

 

 

In the above example given, ‘dekiru’ is the main focus on the usage of Japanese language grammar pattern describing the ability to do something. The ability relates on whether the subject can actually perform registration for foreign people at the embassy. Below are the answers given to answer the question exist in Minna no Nihongo 1 book Chapter 18 Section B Part 3 at page 149 :

Continue Reading →

Japanese Language Book Shin Nihongo no Kiso 1 Chapter 9 Section B Part 4 in Page 73

Japanese Language Book Shin Nihongo no Kiso 1 Chapter 9 Section B Part 4 in Page 73

Another article written in this occasion is focusing on the similar topic with the previous one which is asking on the existence of an item which is being asked in the interrogative pronoun. In this article, the problem is given in form of a question and it need to be answered in two possible outcome. It is whether the item exist or not. So, in order to answer the problem given in Shin Nihongo no Kiso 1 chapter 9 practice B part 4 in page 73, below is the pattern and also the example given :

 

Pattern    :

 

Kanji : 名詞 ありますか
Hiragana : めいし ありますか
Romaji : meishi ga arimasuka
Meaning : noun particle ga is it there ?

 

For an example :

The answer from the above Japanese language grammar pattern can be in positive or negative tone depends on the keyword given attached to the problem given as part of the problem. In this context, the Japanese langauge grammar pattern used is ‘ga arimasuka’ pointing out question about the existence of an item.  Below is the example of the problem with the possible answer given :

 

Kanji :

刑事さんは 拳銃がありますか。

Positive answer   : 。。。はい、あります。

Negative answer   : 。。。いいえ、ありません。

Hiragana    :

けいじさんは けんじゅうがありますか。

Positive answer   : 。。。はい、あります。

Negative answer   : 。。。いいえ、ありません。

Romaji      :

Keiji-san wa kenjyuu ga arimasuka。

Positive answer   : 。。。Hai、arimasu。

Negative answer   : 。。。Iie、arimasen。

Meaning :

Does the detective has a pistol, handgun ?

Positive answer   : 。。。Yes、(the detective) have。

Negative answer   : 。。。No、(the detective) doesn’t have it。

 

Based on the above question, the two possible outcome which is given above servers as an answer where it is a positive answer or a negative answer.

 

Based on the above pattern and example, below is the question and answer exist in Shin Nihongo no Kiso I chapter 9 practice B part 4 based on the above pattern and example. Below are the answers :

Continue Reading →

Japanese Language Test JLPT 2004 Question Sheet 3kyuu Dokkai Bunpou 3

Japanese Language Test JLPT 2004 Question Sheet 3kyuu Dokkai Bunpou 3

問題用紙

2004        3級

読解・文法

(200点 70分)

問題Ⅲ________のところに何を入れますか。1・2・3・4からいちばんいいものを一つえらびなさい。

問(31)  ネクタイ売り場は 2かいに___。

1.あってございます     2.おあります     3.いらっしゃいます     4.ございます

問(32)  急に 雨が ふり___。

1.つづけた     2.だした     3.でた     4.きた

問(33)  めがねを かけた___ねて しまいました。

1.あいだ     2.ながら     3.まま     4.まえに

問(34)  アルコールは もう 飲まない___に する。

1.ところ     2.ため     3.こと     4.もの

問(35)  私の へやの___は この へやと だいたい 同じです。

1.広さ     2.広い     3.広く     4.広くて

Continue Reading →

Japanese Language Test JLPT 2001 Question Sheet 2kyuu Dokkai Bunpou 2

Japanese Language Test JLPT 2001 Question Sheet 2kyuu Dokkai Bunpou 2

問題用紙

2001        2級

読解・文法

(200点 70分)

問題Ⅱ 次の(1)から(2)の文章を読んで、それぞれの問いに対する答えとして最も適当なものを1,2,3,4から一つ選びなさい。

(1)ハトを使って絵画を見わける実験をおこなってみよう。実験では10枚のピカソの絵と10枚のモネの絵をつかった。ハトは訓練用の小さな実験箱に入れられる。実験箱にはスクリーンがあり、スライド・プロジェクターで絵が映しだされる。

ピカソの絵が映されたときにスクリーンをつつけば餌があたえられ、モネの絵の時には餌がもらえない。また、別のハトは逆にモネの絵では餌をもらえ、ピカソの絵ではもらえないという訓練をうける。ハトはおよそ20日間程度の訓練でこの区別ができるようになる。ハトはモネの絵とピカソの絵がわかるようになったのだろうか。

これはハトがピカソとモネの区別ができるようになったからではなく、20枚の絵を丸暗記しておぼえただけのことかもしれない。実際ハトはこのくらいの数の意味のない図をまるごとおぼえる記憶力を持っている。( ②)、ハトは訓練につかわなかった、初めて見る絵を見せられた場合でも、それがモネの絵であるかピカソの絵であるかを区別したのである。ハトは訓練のつかわれた特定の絵を丸暗記したのではなく、「ピカソ」の作品、「モネ」の作品という作風の区別をおぼえたと考えられる。

Continue Reading →

Japanese Language Test JLPT 2000 Question Sheet 1kyuu Dokkai Bunpou 1

Japanese Language Test JLPT 2000 Question Sheet 1kyuu Dokkai Bunpou 1

問題用紙

2000 1級

読解・文法

(200点90分)

 

 

問題次の文章を読んで、後の問いに答えなさい。答えは、1·2·3·4から最も適当なものを一つ選びなさい。

 

100年ほど前にあたる1900年のとき、地球上の人口はおよそ16億人であった。それが現在、55億人になっている。私たちが金魚鉢の金魚だと思えばよい。3匹の金魚が突然3.5倍の11匹に増えれば水が濁るように、3.5倍も人口が増えれば環境に何らかの悪い影響が出るのは当然であろう。①この人口のまま止まればまだよいのだが、(中略)たいへんな勢いでまだ増え続けている。1991年での世界入口の増加率は1.7%と推定されているが、それで計算すると、人口は40年間で倍増することになる。この増大傾向の修正のためには、地球上の私たち全員の②ライフスタイルの(注1)見直しが急務である。それにはどのような課題があるのだろうか。(中略)

 

1つは私たち全員の価値観の問題である。伝統的価値観として「子沢山」(注2)が望ましいと見なす民族は世界でも少なくない。私たちの民族もそうである。子沢山を祝福する気持ちが私たちの国では現在でもあり、にぎやかな家庭の幸福像を描きがちである。1989年に、1人の女性が一一生の間に平均して何人の子供を産むかという合計特殊出生率が1.57になったときに、1.57ショックといって大騒ぎになった。③その騒ぎも、この価値観と関連している。

そのときに、子供が1人ではかわいそうだ、日本の将来の労働力の減少をどうするの か、というような指摘があった。自民族の人口の減少に対する警戒心はたいへん強いのである。

もちろん、ここでは国や民族レベルでの議論をしているのであって、個別の家族の 子沢山の是非を論じているのではない。

2つ目の問題は社会システムの問題である。とくに貧困と差別について考える必要がある。

国の経済力不足などで国の社会保障が十分でないと、老後などを心配して④国民はある人数の子供をつくろうとする。また、貧しい家族は子供に家族の労働力を期待して子沢山になる傾向が見られる。

 

さまざまな差別が人口に関わるライフスタイルに影響を与えるが、とくに男女差別は直接的な影響を与える。環境と開発に関する世界委員会がまとめた『地球の未来を守るために』

(Our Common Future)は女性の地位の向上が子供数の減少につながると指摘した が、これは大切な指摘であろう。女性の地位が向上すれば、家族内での子供を産むかどうかということについて女性の発言権が増大し、⑤そのような社会においては子供の数が減少する。また、女性の雇用機会が十分に与えられている社会では、婚姻(注3)年齢が上昇し、そ のことが子供数の減少につながっているという。

(鳥越皓之編「環境とライフスタイル」 有斐閣アルマによる)

(注1)ライフスタイル:生活する上での価値観や考え方、生活様式

(注2)子沢山:子供の数が多いこと

(注3)婚姻:結婚

Continue Reading →

Japanese Minna no Nihongo Answer Sheet Chapter 18 Section B Part 2 Page 149

Japanese Minna no Nihongo Answer Sheet Chapter 18 Section B Part 2 Page 149

This article is written to answer on how to solve the problem exist in Japanese language grammar pattern to resolve the problem exist in Minna no Nihongo 1 book chapter 18 Section B Part 2 in page 149. It is about expressing the ability of doing something which is described by asking it in form of interrogative sentence and then answer it either in positive or negative tone. The Japanese langauge grammar pattern used for answering using this kind of pattern is ‘ga dekiru’. It is expressing the ability of someone for doing something. Below is the pattern and also the example for doing it :

Pattern :

Kanji : 主語「名詞」 名詞 できます
Hiragana : しゅご「めいし」 めいし できます
Romaji : shugo「meishi」 wa meishi ga dekimasu
Meaning : subject 「noun」 particle wa noun particle ga able to…

 

This is an example      for using the above Japanese language grammar pattern :

Kanji       :

車を運転することができますか。

。。。はい、できます。

。。。いいえ、できません。

Hiragana    :

くるまをうんてんすることができますか。

。。。はい、できます。

。。。いいえ、できません。

Romaji            :

Kuruma wo unten suru koto ga dekimasuka。

。。。Hai、dekimasu。

。。。Iie、dekimasen。

 

Meaning     :

Can you drive a car ?。

。。。Yes、I can。

。。。No、I cannot。

 

 

The example is describing a question asking whether or not the other counterpart can drive the car. The answer are also given in two forms which is positive or negative. Below are the answers given to answer the question exist in Minna no Nihongo 1 book Chapter 18 Section B Part 2 at page 149 :

Continue Reading →

Japanese Language Book Shin Nihongo no Kiso 1 Chapter 9 Section B Part 3 in Page 73

Japanese Language Book Shin Nihongo no Kiso 1 Chapter 9 Section B Part 3 in Page 73

This is an article written to answer the problem given in Shin Nihongo no Kiso 1 chapter 9 practice B part 3 in page 73. It consists of several problems where the answers are in the form of conversations. Below is the pattern and also the example given :

 

Pattern    :

 

Kanji : 主語「名詞」 名詞 上手 ですか
Hiragana : しゅご「めいし」 めいし じょうず ですか
Romaji : shugo「meishi」 meishi ga jyouzu desuka
Meaning : subject 「noun」 noun

particle

ga

smart,

good at

suffix -desuka

 

The answer can be in positive or negative tone depends on the keyword given attached to the problem given as part of the problem. Below is the example of the problem with the possible answer given :

 

Kanji :

シュミットさんは 弓道が 上手ですか。

Hiragana    :

シュミットさんは きゅうどうが じょうずですか。

Romaji      :

Shumitto-san wa kyuudou ga jyouzu desuka。

Meaning :

Does Smith good in archery ?.

 

Based on the above question, there is two possible outcome which is given as the answer whether it is a positive answer or a negative answer. So, those two type of answers can be shown in the following :

 

Positive Answer   :

 

Kanji       : はい、上手です。

Hiragana    : はい、じょうずです。

Romaji      : Hai、jyouzu desu.

Meaning     : Yes、He is good.

 

Negative Answer   :

Kanji       : いいえ、上手ではありません。

Hiragana    : いいえ、じょうずではありません。

Romaji      : Iie、jyouzu dewa arimasen.

Meaning     : No、 he is not good (smart).

 

 

Below is the question and answer exist in Shin Nihongo no Kiso I chapter 9 practice B part 3 based on the above pattern and example. Below are the answers :

Continue Reading →

Japanese Language Test JLPT 2004 Question Sheet 3kyuu Dokkai Bunpou 2

Japanese Language Test JLPT 2004 Question Sheet 3kyuu Dokkai Bunpou 2

問題用紙

2004        3級

読解・文法

(200点 70分)

問題Ⅱ________のところに何を入れますか。1・2・3・4からいちばんいいものを一つえらびなさい。

問(16)  おきゃくさんが 来るから テーブルの 上に おさらを___おきます。

1.ならべて     2.ならんで     3.ならべる     4.ならぶ

問(17)  テキストを___答えて ください。

1.見なく     2.見なくて     3.見ずに     4.見ずで

問(18)  むすこは ひとりで くつが___ように なりました。

1.はけた     2.はいた     3.はかない     4.はける

問(19)  私は 仕事を___つもりです。

1.やめない     2.やめたい     3.やめよう     4.やめたくない

問(20)  意見が ある 方は、___ください。

1.おっしゃりて     2.おっしゃって     3.おっしゃい     4.おっしゃり

Continue Reading →

Japanese Language Test JLPT 2001 Question Sheet 2kyuu Dokkai Bunpou 1

Japanese Language Test JLPT 2001 Question Sheet 2kyuu Dokkai Bunpou 1

問題用紙

2001        2級

読解・文法

(200点 70分)

問題1 次の文章を読んで、後の問いに答えなさい。答えは、1234から最も適当なものを一つ選びなさい。

私は欲望のかたまりです。そして、欲望は膨張をつづける宇宙のように限りがありません。
こんな話を想像してみましょう。ある中学生がお父さんやお母さんから毎月もらうお小遣いが、今までの2000円から一気に20万円になったらどうするでしょうか?彼の欲望はとどまるところを知らず、前からほしいと思っていたものを全部手に入れようと、お小遣いを持ってお店に飛んでいくに違いありません。
(中略)
しかし、地球上の子供たちが全員、20万円もお小遣いをもらって、好きなものを買うとしましょう。そんなことは可能でしょうか。
欲望が無限にあるのは、じつは大人だって同じです。大人も買いたいものを何でも買うとしたらどうでしょうか。でも、そんなことはしようと思ってもできっこない話なのです。なぜかというと、地球上に存在する全工場をフル稼働しても、無限にたくさんのものをつくることはできません。人間の技術はまだそこまで進んではいません
みんなが大きな家に住みたくても住めないのは、土地が足りないというだけでなく、そんなことをすればたちまち、地球上の森林から木が切り出されて、あっという間に地球は丸裸になってしまうからです。
つまり、最も大事なことは、私たちの欲望は無限だけれど、工場や機械設備、労働力、森林、農地、住宅地、石油など、商品を生産するための経済資源は有限だ ということです。経済資源は有限だから、私たちの欲望のうち、つまりほしいもののうち、一部分しか手に入らないのです。別の言い方をすると、経済資源が有 限なので生産されるものも有限ということになります。だから、私たちの手に入る「所得」も有限。すなわち、商品を買うための予算も有限ということになりま す。
このことを説明するのに、経済学では「稀少性」(Scarcity)という言葉を使います。「稀少性」とは、人間の欲望をすべて満足させるだけの経済資源は地球上には存在しないという厳しい現実を示すじつに簡潔な言葉です。
稀少な経済資源を使って、人間の生活をどうやって豊かにすることができるのか。このことこそ、経済学の最も大きな目標です。

Continue Reading →